遺産相続が決まったら最初にするべきこと

  • 遺産相続で知っておくべきポイントを簡単に解説

    • まずは遺産相続においてだれが相続人となるかという問題について解説します。
      配偶者がいる場合はつねに相続人となります。次に、子供がいる場合は、配偶者と子供が相続人になります。



      子供がいない場合は親が、親がいない場合は兄弟が相続人になります。


      父親に隠し子がいた場合は、認知されていると相続人になります。
      認知されていない場合は基本的には相続人にはなりません。



      養子縁組した子がいる場合も相続人になります。



      次に、遺産相続における財産分配の割合ですが、配偶者が半分、残りを子供で分配されます。
      例として、父親の遺産1000万円を妻と子供2人、認知された隠し子1人、養子縁組した子が1人で分配する場合、妻が500万円で残りの500万円を子供4人で等しく分配(125万円)します。

      この法定相続分は、あくまで遺言がない場合の決まりであり、別に遺言がある場合はその内容に従います。



      たとえば「愛人に全財産を贈与する」といった遺言も法定基準を満たしている限り有効です。

      もしもこのような「愛人に全財産を贈与する」といった遺言が有効とされてしまうと、残された家族の生活が脅かされる危険もあります。



      そのため、遺留分という決まりがあります。

      遺留分とは、法定相続人に最低限認められている相続分のことです。


      例として、父親の遺産が1000万円で妻と子供2人がいる場合に、「愛人に全財産を贈与する」という遺言があった場合、遺留分として妻は本来相続するはずだった額の半分の250万円を、子供も本来相続するはずだった250万円の半分の125万円をそれぞれ取り戻すことができます。遺産相続では土地や預金などの資産の他に、借金や保証人としての地位までも包括的に相続します。



      このために借金のほうが多い場合はマイナスとなってしまう場合もあります。

      そこで、「相続放棄」や「限定承認」といった制度があります。

  • 関連リンク

    • 遺産相続の流れを知っておけば、実際に被相続人が亡くなったときに速やかに手続きを行うことができます。そもそも、遺産相続の権利と言うのはどのようにして与えられるのでしょうか。...

    • 人が亡くなった場合、葬式を済ませた後はすみやかに遺産相続に関する手続きを行わなければなりません。この遺産相続の手続きにおいて、まず必要となる作業が遺言の所在を明らかにすることですが、もし遺言書が見つかった場合、それが公正証書になっていない場合は、家庭裁判所にその遺言書の検認を申立てる必要があります。...